ライフサイエンス系専攻

ライフサイエンスは医療、食料など人間の生活に直接関わる分野から、ヒトを含む生命の基本原理の解明に関わる分野までを包含する幅広い分野であり、ライフサイエンスに従事する高度専門技術者、研究者には、高い社会的ニーズがあります。本専攻では、理学、農学、医学、工学の分野が専門性を発揮しながら連携協力することで、高度な専門性と総合的視点をもち学術研究に寄与できる研究者や高度専門職業人を養成しています。

修了後の進路

大学・研究所等研究教育機関の研究者や教育者、大学・高専・国研や、化学、医療、バイオ・食品関連の企業の研究開発部門や材料開発において開発プロジェクトを統括するマネージャーなど

履修コース

                            
応用医工学コース
Biomedical Engineering Course
工学系

本コースは、医療診断支援工学、医用画像処理、ニューロコンピューティング、確率的情報処理を用いたコンピュータ支援診断 (CAD) システムの構築に関する研究、実験とコンピュータシミュレーション技術を駆使した、生体における力学現象と生体材料の力学特性の解明や評価、医療用材料・医療機器の開発に関する研究、更に、生体に適した微小機械の設計・試作とそのための微細加工技術開発、細胞と機械を融合したシステムの実現や医療応用に関する研究を行っています。こうした研究を通して、新しい医療・福祉の動向に即した医療・福祉の新しい理論と実践的器材の開発と、その推進に必要な創造的な人材の育成を行います。

応用分子生命科学コース
Applied Molecular Bioscience Course
理工農学系

本コースは、分子・細胞レベルの生命機能解析、バイオインフォマティクス、化学合成および先端バイオ技術に基づいた研究開発を進め、成果を活用し生命現象を読み解くための研究を行っています。また、その知見を応用して、ヒトや地球上全ての生命の豊かな暮らしに貢献できる新しい知見を創造しています。こうした研究を通じて、化学、生命科学、生物学などの分野における基盤的な知識を修得し、さらには、有用分子の研究開発、微生物及び動植物などの代謝や分子機能を中心とした基盤的な知識を修得し、化学・製薬・バイオ関連産業分野で活躍できる人材を育成します。

農学生命科学コース
Agricultural Sciences Course
農学系

本コースは、食料、生命、環境およびそれらの複合事象を、ミクロからマクロまでさまざまな視点で分析・評価する基礎研究を進め、その知見をフードサイエンス、生物生産、環境制御へと展開する研究を行っています。こうした研究を通じて、食料、生命、環境に関する総合的かつ専門的基礎知識を有し、農学生命科学のさまざまな課題に強い関心を持ち、その課題に取り組む姿勢を育み、高度な専門的および学際的な知識と技術を意欲的に修得し、食品、バイオ、アグリビジネス、環境保全などの分野において指導的立場で活躍できる人材を育成します。