物質工学系専攻

「知識社会」において、「知のリーダー」である博士には、専門的な研究ばかりでなく、イノベーションも期待されています。また、材料・デバイス開発においては、ナノ・テクノロジーなどの新しい技術に基づく挑戦的な分野が多く、開発スピードを上げるため、計算科学の利用が重要視されてきています。特に、地球環境に配慮したエコ・マテリアル、デバイスの開発や、高度情報化社会を支える新材料・デバイスの創出が望まれています。これらの背景から、物理系、化学系の深い専門性を有する一方、それらの分野を横断的に教育し、幅広い知識を身に付けることができる教育・研究を行います。

修了後の進路

高等教育機関教員、化学・電機・素材メーカーの研究開発部門、材料・デバイス開発の開発プロジェクトを統括するマネージャーなど

履修コース

                            
応用物理系コース
Applied Physics Course
工学系

本コースは、物理・化学などの基礎科学を基盤においた物質工学系専攻の中で、半導体材料、磁性材料、熱電変換材料、超伝導材料等の物理系の材料分野の研究開発を行っています。エネルギー、デバイス、エレクトロニクス等の産業分野での社会貢献が期待されています。

応用化学系コース
Applied Chemistry Course
工学系

本コースは、物理・化学などの基礎科学を基盤においた物質工学系専攻の中で、無機化学、物理化学、有機化学、高分子化学等の物質化学を基盤にした新しい概念に基づくエネルギー及び電子材料、セラミックスをはじめとする無機材料や触媒材料、優れた機能性を有する有機材料等の研究開発を行っています。電子材料、エネルギー、環境、新素材等の産業分野での社会貢献が期待されています。