農学系専攻

人間活動に伴う環境破壊と人口増加に伴う食料問題は、21世紀に解決が迫られている重要な課題であり、このような重要課題を克服し、人類の持続的な発展を確保するとともに、人類と生物との共存を実現しながら、環境を修復・保全し、生物資源の開発・利用を図るうえで農学系専攻は大きな役割を担っています。そのため、農学系専攻では、衣食住への関わりを基盤とする環境・生物・生命に関する総合的かつ広範囲な教育研究を行い、これまでの枠組みにとらわれない新しい境界領域と学際領域の開拓を目指しながら、人類の生存に必要な食料を始めとして、生物機能の開発・応用に関する技術を発展させつつ、グローバルな視点から各種資源と自然環境の保全・再生との調和を図り、豊かな人間性及び国際性を醸成する教育を行っています。

修了後の進路

農協、食品、製薬、流通など農業及び生物・バイオ関連民間企業などへの就職及び博士後期課程への進学

履修コース

農学コース
Agriculture Course
農学系

本コースは、フードサイエンス、生物生産、環境制御などへの応用を目的として、園芸学、植物病理学、応用昆虫学、環境植物学、農業経済学、フィールド科学に関する分子・遺伝子レベル(ミクロ)からフィールドレベル(マクロ)まで多岐にわたる教育研究を行っています。本コースの教育研究カリキュラムを通じて、食料、生命、環境に関する総合的かつ専門的基礎知識、ならびに農業や関連の産業における諸課題の解決に取り組む姿勢を身につけ、さらに高度な専門的および学際的な知識と技術の修得意欲を有し、食品、バイオ、アグリビジネス、環境保全などの分野において即戦力として活躍できる人材を育成します。

生命科学コース
Applied Bioscience Course
農学系

本コースは、生物機能利用、食品科学、発酵、有用物質生産、環境科学などへの応用を目的として、微生物機能科学、分子細胞機能科学、植物生態科学、応用生命科学に関する化学を基盤とする多様な教育研究を行っています。本コースの教育研究カリキュラムを通じて、食料、生命、環境に関する幅広い専門知識や研究手法、ならびにそれらに基づく課題解決能力を身につけ、さらに人類に必要な食料を始め、生物機能の開発・応用に関する高度な専門知識と能力を有し、化学、製薬・バイオ関連産業などの分野において活躍できる研究者・高度専門職業人を育成します。