地球圏生命物質科学系専攻

医療、食料問題、生物多様性の保全、化学物質による環境汚染、地震、津波などの自然災害や資源開発など、人類社会が抱える地球規模の社会問題は複雑性を増してきており、また、社会的関心も高く、それらの社会問題へ対応できる高度な専門科学技術や知識を持つ人材の養成が急務とされています。これらの問題の解決には1つの専門分野の視点からではなく、複数の専門分野による総合的視点が必要となります。
本専攻では、生物学、化学、地球科学の3コースが専門性を発揮しながら連携、教育することで、総合的視点を持つ研究者や高度な専門職業人の養成を行っています。

修了後の進路

医療・製薬系民間企業研究技術職・研究職、食品系企業技術職・研究職、化学系民間企業研究職、製造業、ソフトウェア開発、地質調査業、資源開発・エネルギー開発関連業などの研究職・技術職への就職、技術系の公務員、高等学校教員への採用及び博士後期課程への進学

履修コース

生物学コース
Biology Course
理学系

本コースの研究対象は、発生生物学、動物・植物生理学、細胞生物学、微生物学、分子生物学、進化生物学、時間生物学などの多岐にわたります。これらの幅広い生物学の専門的知識を基盤として、ライフサイエンス技術、論理的思考能力・論述能力、コミュニケーション能力及びプレゼンテーション能力を備えるとともに、新たな研究分野との関連性を論理的に展開して行く能力を有し、かつ、国際的に活躍できる人材の育成を目指しています。

化学コース
Chemistry Course
理学系

本コースでは、化学及び化学に関連する分野の幅広い知識を体系的に身につけるとともに、物理化学、有機化学、無機化学、分析化学の何れかの分野についての先端的研究を実践し、化学の専門家として必要な実験技術、論理的思考力、考察力、プレゼンテーション能力を身につけます。国内外で開催される学会での発表を強く奨励し、学外諸機関との研究交流を促し、コミュニケーション能力、柔軟な発想力、化学に関連する社会の諸問題を発見し主体的に解決できる能力を育みます。これらにより、企業・公的機関の化学系研究者・技術者、あるいは化学教員として社会で活躍できる高度専門職業人を育成します。

地球科学コース
Earth Sciences Course
理学系

地球科学の最先端研究や国内外での研究発表などを通じて世界の最前線を体験します。純粋なサイエンスを極めることで、研究者や技術者などの高度専門職に必要な素養を身につけます。特にフィールド調査や実験、分析など天然の試料を直接扱うことで専門家としてのスキルを磨きます。