基盤科学系専攻

社会や科学技術が進化・複雑化すればするほど、基本に立ち返って物事を理解することが必要となります。そのため、産業界だけでなく様々な分野において、基幹科学である数学や物理学の高度な体系を理解し応用できる人材が必要とされています。
さらに、近年の高度情報化社会においては、適切に情報を処理し運用できる技術を持った人材が必要不可欠なものになっています。
本専攻では、数学・物理学・情報科学の3コースが専門性を発揮しながら連携、教育することで、総合的視点を持つ研究者や高度な専門職業人の養成を行っています。

修了後の進路

製造業や情報処理産業などの技術者、研究開発従事者への就職、高等学校や中学校の教員(数学、理科、情報)への採用及び博士後期課程への進学

履修コース

数理科学コース
Mathematical Sciences Course
理学系

本コースの研究対象は、解析学、代数学、微分幾何学、位相幾何学、応用数学、基礎数理工学、基礎数理科学などの多岐にわたります。これらの幅広い数理科学の専門的知識を基盤として、論理的思考能力、数理表現能力、数理専門能力、コミュニケーション能力及びプレゼンテーション能力を備えるとともに、新たな研究分野との関連性を論理的に展開して行く能力を有し、かつ、国際的に活躍できる人材を育成します。

物理学コース
Physics Course
理学系

本コースは、自然界における物理法則の深い理解を目的とします。研究の対象は、宇宙、高分子、コロイド、誘電体、磁性体、素粒子などの多岐にわたります。これらの幅広い物理学の専門的知識を基盤として、論理的思考力、コミュニケーション能力及びプレゼンテーション能力を備えるとともに、新たな研究分野を切り開く発想力ある研究者や、物理学が関わる様々な社会の問題を発見し、それらを自らが主体的に解決できる高度専門職業人を育成します。

情報科学コース
Informatics Course
理学系

本コースは、情報科学に関する深い学識と問題解決能力を習得することを目的とします。研究分野は、データサイエンス、システム科学、情報通信ネットワーク、バイオインフォマティクス、生体システム、脳型情報処理システムなど、多岐にわたります。幅広い情報科学の専門的知識を基盤として、論理的な考察力と英語力を身につけるとともに、新たな研究分野を切り開く発想力を育てることを目指します。論理的思考力、コミュニケーション能力及びプレゼンテーション能力を備えた研究者や、情報科学がかかわる社会の問題を発見し、主体的に解決できる高度専門職業人を育成します。