研究科長メッセージ

「人間が行っている仕事の大半は、機械やAIに置き換えられてしまう」とか、「今はまだ無い仕事に、将来の人達は就くようになる」などと、声高に言われるようになってきました。テクノロジーは今後ますます進歩し、人間が行う仕事の多くが機械やコンピューターで自動的に処理される時代を迎えるといわれています。そのような時代を生き抜くためには、人間でないとできない事を実現する力、世の中に存在しない新しい製品やサービスを自ら創造する、いわゆるイノベーションを起こす能力を身につけることが必須と言われるようになってきました。

山口大学の理系大学院は、平成28年4月より、イノベーションをキーワードとした理系大学院再編を推進するために、理学・工学・農学系のそれぞれの専攻を統合した「創成科学研究科」を新設しました。これは、理学・工学・農学のしっかりとした学部専門知識と技術経営の知識を融合することで、グローバルな視点を持ってイノベーションの創出を担うことができる研究者・高度専門職業人を育成することを目指したものです。

博士前期課程は、理学系2専攻、工学系4専攻、農学系1専攻の合計7専攻を設置し、それぞれの専攻に複数の教育コースを置き、学部教育との接続性が明確になるように構成しています。

博士後期課程は、理学系1専攻、工学系3専攻、理学・工学・農学を融合したライフサイエンス系1専攻の合計5専攻を設置し、分野融合による新しい学際分野の研究を推進しています。

創成科学研究科の教育課程の特色として、それぞれの学系の学部教育の違いを埋め、融合教育を可能とすると共に、どの分野であっても必要な基礎知識やスキルを身に付けるための研究科共通科目を設定しています。この研究科共通科目では、研究を自ら企画し進めるための知識や能力を身につけるキャリアデザインや長期インターンシップなどに取り組むキャリア教育科目、研究者としての行動規範や知的財産に関する知識を身につける研究基盤科目、イノベーションの基盤となる知識や方法を身につけるイノベーション教育科目を開設しています。

これからの時代を自ら切り拓き、新しい分野への展開を積極的に推し進めていくバイタリティーのある皆さんを、我々教職員は積極的に、様々な形でサポートしていきます。

ここで学び、自分なりの新しい何かを創り出しましょう!

大学院創成科学研究科長
堤 宏守